結婚式の二次会の幹事を友人に頼む時の注意点

二次会

結婚式のスタイルの移り変わりに伴って変化した二次会の様相。

幹事を従来通り友人にお願いするとしたら、
どのような点に注意する必要があるのでしょうか。

 

友人に二次会の幹事を頼むのは何かと気を使いますよね?

 

結婚式の二次会の幹事を友人に頼む時の注意点

結婚式の二次会の幹事を新郎新婦から頼まれたという人たちが、
もやもやしやすい最大の問題が、二次会の会費を幹事が払うのかということです。

 

揉めやすい幹事の会費

この問題は幹事として活動した際に掛かった諸費用を、誰が負担するのかという問題とつながることが、少なくありません。

幹事となった以上、二次会までに会場や新郎新婦、場合によっては音響会社や印刷会社との打ち合わせをすることになります。

それも複数回。

打ち合わせにかかる費用は、最終的にある程度まとまった金額になります。

二次会の幹事を何度か経験した人なら、幹事を頼まれた時にそうしたお金の問題を新郎新婦と打ち合わせることもあるようです。

ただし、そのようなケースは少なく、善意から一生懸命に取り組み、次第に疲れ、二次会の直前になって、掛かった諸費用がずしりと重く感じられるという人が、少なくありません。

会費を幹事が払うべきかどうかを考えた時に、それまでの諸費用の重みがぐんと増すようです。

新郎新婦から事前に会費は不要と告げられていることがそれほど多くはないのが実情。

 

幹事は二次会の会費を払う?払わない?

自分が幹事を務めた時に払ったから払うものと考える人もいます。

周囲の意見もまちまちで、

「お祝い事なのだから、幹事も会費を払うべき」とする意見がある一方、

「大変な思いをしているのだから、幹事は会費くらい免除してしかるべき」と考える人も。

幹事へのお礼の金額は?

友人に二次会の幹事を依頼する場合、多くの新郎新婦は、会の後でお礼として5000円~10000円包むようです。

直接お金を包まない場合は、慰労会を開いて食事代を負担するという方法も、
よく採られています。

幹事を頼まれた人は、報酬目当てで動くわけではないものの、新郎新婦が感謝の気持ちをどのように表現するかで、それまでの付き合い方を考え直すことになり、距離ができてしまうというケースもあるようです。

 

友人に二次会の幹事を頼めない人におすすめなのが幹事代行業者

友人に二次会の幹事を頼んだことで後々の関係が微妙になってしまった…。

そうした話が聞かれるようになって増えてきたのが、二次会の幹事代行業者の利用です。

ここ数年で、広がってきたサービスが二次会の幹事代行業「二次会本舗です。

→自己負担0円で結婚式の二次会をする

 

あのじゅんいちダビットソンさんの2次会パーティを二次会本舗がお手伝いしました!

あのじゅんいちダビットソンさんの2次会パーティを二次会本舗がお手伝いしました!

あのじゅんいちダビットソンさんの2次会パーティを二次会本舗がお手伝いしました!

 

中でも有名な「二次会本舗」について口コミや評判など、気になる情報を掲載。二次会を丸投げしたい人はこちらの記事を読んでみて下さい。

 

二次会本舗の公式サイトはこちら >>


 

 

コメント